学資保険に入ろう!~おすすめランキングTOP5をご紹介~

商品をしっかり比較して、ぴったりの学資保険を選びましょう

学資保険に入ろう!~おすすめランキングTOP5をご紹介~ TOP

学資保険に入ろう!~おすすめランキングTOP5をご紹介~ TOP

学資保険とは将来、子供のために必要な教育資金を準備するための保険です。
子供が教育を受けれるように、教育費は早めに準備して計画性のあるライフプランを作成したいものですね。
このサイトでは「学資保険」にフォーカスしています。そもそも学資保険のしくみとはどのようなものでしょうか?

学資保険とは、子供の入学時期には「お祝い金」、保険の満期時には「満期保険金が受け取れる仕組みになっています。契約者である親が万が一死亡・高度障害になった際には、以降の保険料の払い込みが免除される上に、お祝い金・満期保険金は受け取れる保険のタイプもあり、親に万が一があった際の保証にも対応しています。
また、特約として子供の医療保険が付加できるタイプなど、子供自身のケガ・病気にも備えることができます。

学資保険とは、お子様の成長をサポートするための保険といえるでしょう。各保険会社が「こども保険」「学資保険」の商品を出しています。保障内容や返戻率なども各社により大きく異なります。

お子様の保険を検討する際に、どこの保険にするか迷われる方も多いでしょう。このサイトでは、学資保険の基礎知識・各社の商品紹介、人気学資保険ランキングも
ご紹介しています。ご検討の際は、各商品をしっかり比較して、お子様の学資保険選びに役立てて頂けますと幸いです。


学資保険のメリットについて

学資保険にはメリット・デメリットがあります。各項目を抑えた上で、何を重視して加入するのかを見極めることが大切になります。


◇契約者が死亡時に以降の保険料払込みが免除

学資保険の最大のメリットは、契約中に契約者である親が死亡・重度障害が発生した際には、以降の払い込みは免除され祝い金や満期金は通常通り100%受け取りができます。

◇教育資金が一定額、着実に貯蓄される

子供への教育費用は、学資保険でなくとも貯蓄は可能です。しかし、毎月一定額を積み立てていくのは簡単ではありません。毎月、一定額が引き落とされて貯蓄されるという意味でも「教育専用の貯蓄」として他と明確に分けて準備ができる点も
大きなメリットと言えるでしょう。

◇子供に万一のことがあった際も保険金が受け取れる

被保険者である子供が、病気や怪我で入院した際の医療保障や、死亡した際の死亡保険金が受け取れるタイプのものもあります。この場合は、これらの保証が保険料が上乗せされることになりますので、元本割れになるケースがほとんどです。
子供の医療保障の必要性を十分に考慮した上で、子供の保障を保険料の安価な共済などに加入するなども検討できます。


学資保険のデメリットについて

◇元本割れの可能性


学資保険は商品・加入時期により元本割れが発生する可能性もあります。元本割れとは、将来受け取る保険金(満期保険金+祝い金)のトータルの額が、支払保険料よりも下回ることをいいます。

<モデルケース>
満期保険金    1,800,000円(祝い金なし)
保険料(月払い) 10,000円
保険料払込期間  18年
保険料支払い総額 10,000円×12か月×18年=2,160,000円
差引       1,800,000円-2,160,000円=-360,000円(元本割れ発生)

このように、学資保険では元本割れするケースも発生しますが、契約者が死亡した際に支払われる保険金・育英資金や子供の病気などの医療保障を手厚くする特約がつくことが多く、保障が充実した貯蓄型保険とも言えます。保障も重視したい方は、元本割れを理解した上で、子供に必要な特約を付加するべきでしょう。一般的に貯蓄性の高い学資保険には、特約がついていません。

◇インフレに弱い
学資保険のほとんどは、契約時に受け取る満期保険金額が約束されています。
もしも物価や教育費が上昇した場合(インフレ)は、受取る保険金だけでは教育費がカバーできなくなる点が学資保険のデメリットとされています。


TOPへ